ゆったりとした島時間が流れる「上甑島」東シナ海の楽園の楽しみ方7選。

小さな島旅

2019年08月12日

アートボード 1

甑島列島の最北端に位置する上甑島の里(サト)集落は、甑島の原風景が残る石垣の集落と国定公園に指定された長目の浜などの美しいロックビーチが魅力の集落です。一歩足を踏み入れると、ゆっくりとした空気感に、のんびりできる時間が流れており、綺麗な空気や家々の緑に癒やされます。近頃は、日帰りで楽しんで、島を後にする観光客も多いようですが、それだけでは正直言って勿体無いです。 自転車で集落を一周したり、ビール片手に夕涼み。星空鑑賞のナイトツアーやSUPやシーカヤック、釣り体験など、様々な楽しみ方で島時間を体感してみてください。より、島の日常を感じることができて、甑島のことをもっと知ることができるはずです。そんな島の楽しみ方を、いくつかご紹介します。

目次
【楽しみ方1】 やっぱり断崖クルージング
【楽しみ方2】サイクリングで集落を巡る
【楽しみ方3】ビーチでゆったり島時間
【楽しみ方4】島に泊まってちょっぴり贅沢
【楽しみ方5】早起きして島の日常を感じる
【楽しみ方6】屋根には恵比寿様がいる
【楽しみ方7】甑島の島グルメを堪能しよう


【1】やっぱり断崖クルージング
スクリーンショット 2019-08-11 17.38.07

甑島は、8,000万年前の断崖がむき出しになっている東シナ海の海岸線や、丸みを帯びた石垣や平家の集落群が美しい日本の原風景が残る島です。大自然のエネルギーを感じ図にはいられない奇岩や断崖に圧倒されるおよそ1時間半。国定公園に指定された雄大な景観の数々は、どこを切り取っても100%絶景です。甑島観光に行くなら、クルージングははずせませんね。

\断崖クルーズ船 観光船かのこ号/ http://island-ecs.jp/tour/2750/


【2】サイクリングで集落を巡る

1K7A8654
上甑島の集落群をゆったりと楽しむには、サイクリングが最適です。里集落の外周はおよそ6kmと小さな集落ですが、歩いて一周だと大変なので、自転車で巡るには、ちょうど良いサイズ感。レンタサイクルは、KOSHIKI CYCLE(こしきサイクル)で借りることができます。お車を借りる予定のない方は、レンタサイクルの台数が少ないので、事前にご予約されることをオススメします。KOSHIKI CYCLEでは、幼児を乗せることのできるチャイルドシート付きの自転車やおしゃれでかわいいデザインのロードバイク、小学生のお子様用のロードバイクもご用意しています。

\KOSHIKI CYCLE(こしきサイクル)/
TEL 09969-3-2212  ※山下商店甑島本店内に事務所があります。
WEB受付 https://peraichi.com/landing_pages/view/koshikicycle

※2019年8月末スタート

1K7A8648

集落の東側と西側は、それぞれ違った風景の海岸線に囲まれています。東側は、玉石垣の残る武家屋敷通りや亀城という歴史ある小高い丘があったり、西側は、砂浜のビーチ(シャワー室もある)や島猫も。夕涼みしている島の人たちと一緒に海を眺めるのもよき島時間。ガイドブックには載っていないような思いがけない島の風景に出くわすことができるのがレンタサイクルの楽しみの一つです。

 

【楽しみ方3】ビーチでゆったり島時間
20623588_1361397950625002_1531309733_o

里集落には、市の浦、西ん浜、東ん浜といった美しいビーチや海岸があります。それぞれに特徴が違うので、楽しみ方で海を選んでもいいかもしれません。夏は海水浴もいいのですが、泳げない季節や泳がないというかたも、ただただ綺麗な海を眺めてゆったりと何もしない贅沢な時間を過ごしてみるのも甑島ならではの過ごし方です。

スクリーンショット 2019-08-12 14.50.17

\市の浦/
IMG_4222

目前に広がる砂浜のビーチ。遠くに見える無人島がとってもいい景色。松の木陰を抜けて、奥の堤防まで散歩してみると海底まで見えて、珊瑚や熱帯魚も出会えるかも。ただし、ビーチは水道やシャワーなどが使えないことが多く、市の浦に行く前に飲み物の購入やお手洗いは済ませた方がいいでしょう。里港から車で15分。

6-1-1024x768
[写真:こしきツアーズ]

市の浦では、シーカヤックやSUPなどの海の体験ができます。JSCA(日本セーフティーカヌーイング協会)公認で、薩摩川内市に認定されたスペシャルガイドが教えてくれるので、初心者でも安心して体験できます。

こしきツアーズ  https://www.koshikitours.com/体験メニュー/

 

\西ん浜/
IMG_2466

里港から反対側にある西側の港まで車で5分。無料のトイレやシャワー室などもあり、比較的、家族連れで行きやすいビーチです。砂浜と丸みを帯びた玉石の海岸線が混じり合った海岸線です。夕暮れ時は、美しい夕日を眺めながら、島の人たちとお話できるかも?ビール片手に夕涼み行きたいものですね。

\東ん浜/
10407959_551321775003003_7798791900012684104_n

里港から車で5分の東側のビーチ。朝陽が眩しい海岸線です。ただし、砂浜はなくロックビーチが基本なので、中級者以上向けの海遊びポイントです。水質は、透明度も高く様々な生き物にきっと出会えます。海水浴場ではないので、シャワールームや駐車場などは一切ありませんのでご注意ください。また、消波ブロックと消波ブロックの間は、離岸流などもありますので、初心者にはオススメしません。眺めるだけ、散歩するだけ、ぼーっとするだけ、足を浸けるだけには、最高の海岸線です。

13083304_792540690881109_8956785510916172780_n

13094213_792540720881106_6775991228634832353_n

海岸線では、きびなごやアジ、カマスなどの天日干しの風景も見れるかもしれません。朝から正午ごろまで天日干しの作業をしていることが多いようです。海が目の前の仕事場。島の暮らしを垣間見える海岸線でもあります。集落の東側なので、太陽が昇ります。いつもより、ちょっとだけ早起きして朝日を眺めながら海岸を散歩してみてはどうでしょうか。

【楽しみ方4】島に泊まってちょっぴり贅沢
IMG_0260

ここからは、上甑島に泊まった人にしかできない楽しみ方をご紹介。上甑島は、日帰りの観光客が本土へ戻った後に夕陽が沈み、都会では見られない満天の星空を眺めながらのバーベキュー。朝日を浴びる集落の瓦とキラキラに光る水面と、朝一番の獲れたてのきびなご。この贅沢な島の日常を楽しめるのは、宿泊した人だけの特権です。

\シマバル Shimabar /20:30-23:00
山下商店甑島本店(薩摩川内市里町里54番地)
昼間は、おとうふ屋とカフェをやっている山下商店では、金曜と土曜の夜だけバー営業「シマバル」を開催しています。ゴールデンウィークやお盆休みは、休まずに営業していることが多いです。観光客も気軽に地元の若者たちに混じって、一緒にお酒を楽しんでいます。せっかくの宿泊。夜まで思いっきり楽しんじゃいましょう。

16708282_1311574422261991_7827197823161740190_n
13924951_1136576529761782_9038230222301848726_n

\こしきツアーズのナイトツアー/
薩摩川内市に認定されたスペシャルガイドと一緒に巡る、小学生以上を対象にした大人気のナイトツアーです。詳しくは、こしきツアーズまで
https://www.koshikitours.com/体験メニュー/ナイトツアー/

image-1
甑島の海岸に打ち寄せられた「漂着物」のご紹介[写真:こしきツアーズ]

image
星空(月夜)観賞。ハーブティ付き[写真:こしきツアーズ]

image-2

[写真:こしきツアーズ]

\FUJIYA HOSTEL/
上甑島の夜を楽しむならフジヤホステル

 

1K7A7725

上甑島には、旅館、民宿、コテージなど数軒の宿泊施設があります。釣りびとやビジネス向けの宿が多いのですが、特に20代後半から50代の観光客に人気なのが「FUJIYA HOSTEL」。フジヤは、island companyが監修しキトレペ建築設計事務所(福岡)が設計したもの。もともと瀬渡し船の釣り民宿だった宿を「小さな島の日常へ渡す」をコンセプトにし、2018年リニューアルオープン。甑島の原風景を感じさせる景色があちこちに広がっています。林業が衰退した甑島では、貴重になった甑島産の材木で作られた梁が朝食・夕食のコミュニティラウンジの天井に。オプションで、甑島の伝統楽器ゴッタンのライブも体験できます。また、甑島では唯一チェックインからチェックアウトまで、甑島産の芋焼酎がずらりとフリードリンクで楽しめる。コーヒーもオリジナルの焙煎珈琲。 ハンモックで揺られながらの読書やビールもOK。

1K7A8043
シンプルで綺麗な和室が2タイプあります。窓の向こうには、島の日常が見える
1K7A8019
シンプルな洋室(ツイン)が2室。お部屋の中は、裸足でも気持ちいい木材を使用。
1K7A8629

集落(村東)唯一の島豆腐。山下商店甑島本店の出来立ての豆富をメインにした朝ごはん。獲れたてのきびなごの刺身と、目の前の海で手作りした海上天日干しの干物や地魚のさつま揚げなど。シンプルだけど、丁寧な島の朝ごはんは、贅沢です。大人気のメニュー。そのほか、パンの朝食もあります。パンは、隣町のコシキテラスで焼いて、甑島産のアロエを添えたヨーグルトなど。

ご予約は、コチラ https://fujiya-hostel.jp

reserve


【楽しみ方5】早起きして島の日常を感じる

option_tofu03-640x461

出来立ての島豆富を食べる
島の朝は、とっても早い。月曜日と金曜日は、集落唯一の豆腐屋「山下商店甑島本店」が豆富を作っています。朝の6時から7時頃に行けば、出来立てのまだほんのりあったかい濃厚なお豆富を食べられます。濃厚寄せ豆腐に、枕崎産のかつをの本枯節をかけてお醤油。天然塩とオリーブオイルもぴったりあいます。

IMG_0476

散歩がてら、漁師の朝を感じる
夜中の漁を終えて帰ってくる島のきびなご漁師たち。朝の5時〜6時頃は、港に戻ってくる漁船で特に里漁協前が慌ただしくなります。氷の音、船を洗う音、魚の水揚げ、漁師たちの無線のやり取り。ピッチピッチのきびなごを目にすることができるかも。見学される際は、作業の邪魔にならないように見学してくださいね。日曜日の朝や祝日など、漁はお休みです。もし、出会えなかった時は、漁協の裏山にある恵比寿神社でお参りしてもいい景色ですよ。

FullSizeRender-24 FullSizeRender-23
恵比寿神社より里港方面を望む

【楽しみ方6】屋根には恵比寿様がいる?
スクリーンショット 2019-08-12 17.27.15

まち歩きや、レンタサイクルで集落を散策していると、屋根の鬼瓦に恵比寿様をあちこちで発見することができます。これも町歩きや、レンタサイクルならではの楽しみ方。特に、武家屋敷通りを抜けた、村東集落に多いような気がします。もともと漁師町で、船頭の多かった村東集落。島の皆さんは、海の恵みに感謝しながら、日々海とともに暮らしています。

【楽しみ方7】甑島の島グルメを堪能しよう
image_cv.php

こしきの漁師家 海聖丸
〒896-1101 鹿児島県薩摩川内市里町里 3606‐1
島の漁師さん直営の海鮮焼き屋。
スクリーンショット 2018-07-02 18.20.29

夏季限定|とうふ屋さんのかき氷
〒896-1101 鹿児島県薩摩川内市里町里54  山下商店甑島本店 にて
とうふと、かき氷。不思議な感じがしますが、豆富ときな粉とあんこの絶妙なバランス。そのほかにも、国産大豆でつくった特製きな粉のわらび餅スイーツも人気です。集落巡りで疲れたらこちらでクールダウン!

 

鯛しおラーメン
甑に東風 現在地
〒896-1101 鹿児島県薩摩川内市里町里1618
里港から徒歩3分の立地。海を眺めるウッドデッキでもどうぞ。

レンタカーのある方は、上甑町まで車で15分。
コシキテラススペシャル断崖バーガーオススメです。
950a97b0bfa5c8e8db721fe83ce4a798-1024x681
JR九州やソラシドエアの機内誌、たびメディアたびらい でも取り上げられました。
http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0009187.aspx

 

\上甑島を楽しむならこれで決まり/

上甑島(特に里集落)の楽しみ方を7つご紹介しましたが、いかがでしたか?島に宿泊すると見えてくる甑島の魅力。の~んびり、ゆ〜っくりとした島時間に身を委ね、自分だけの癒やしと出会いを見つけてみましょう。わからないことがあれば、どうぞメールでお問い合わせください。

 island company  ✉︎ info@island-ecs.jp 

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 小さな島旅 > ゆったりとした島時間が流れる「上甑島」東シナ海の楽園の楽しみ方7選。