下甑島の夜が更ける|こしきの塩|磯口旅館

小さな島旅

2016年01月24日

DSC_0185

芦浜から目指すのは、下甑島最南端「手打」集落。
※前回、下甑島を巡ったときの記録はコチラ

下甑島に1泊2日で豆腐を配達する旅?

http://island-ecs.jp/food/715/

豆腐を配達し終わった下甑島の旅

http://island-ecs.jp/food/741/
今回のお宿は、「磯口旅館」
素敵なご夫婦が運営する手打浜と武家屋敷通りに面する平屋建ての旅館。

DSC_0230
バショウカジキの角で遊ぶ磯口旅館の野崎さん夫妻(笑)
DSC_0204
宿の外観
DSC_0167
夜も素敵
DSC_0180
今回のお部屋は「潮騒の間」。耳を澄ますと、砂浜に打ち寄せる波の音がした。
DSC_0216
ばっちり、Dr.コトー診療所も全巻揃っています。
ここ下甑島が原作のモデルとなった島です。
DSC_0186

「ケンタくん、ごはん食べたら、どこか行く?」

こうして、いつも手打の魅力を教えてくれる野崎さん。
またしても、ディープこしきの夜をひとつ学ぶのでした。
ごはんも、おいしい。(お酒がすすむ)

DSC_0210

宿からクルマで3分。
到着したのは、こしきの塩を製造している有馬さんの塩炊き小屋でした。

DSC_0192
真っ白でキラキラと光って宝ものみたいだった、こしきの塩。

DSC_0198
有馬さん「こしきの塩といっても、取水する海で味が全然違うんですよ。」
「同じ下甑島の中でも試験的につくってみたら、ほらっ」

ケンタ「ほんとだぁーー、全然違いますねぇ〜」

有馬さんのこしきの塩は、手打港ちかくの海から取水しています。
あら塩、クリスタル塩、還元塩と3種類の天然塩を製造。

この中では、私はこしきのクリスタル塩が一番好きでした。おすすめです。

DSC_0218
さて、一行は、有馬さんを連れ出して磯口旅館で、甑島の未来談義?に花が咲きました。

DSC_0217

 

いよいよ、
もう、飲み過ぎないようにしなさいよ〜
と、女将から怒られそうだ(笑)

と、ここで1本の電話。

・・・・・

気がつけば、手打の島びとたちと入り交じって
素敵な下甑島の夜が更けていくのでした(写真は取り損ねました)

明日に

つづく

(呑みつぶれていなければ・・・)

**********************

下甑島手打 海辺の宿「磯口旅館」

〒896-1601 鹿児島県薩摩川内市 下甑町手打793

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 小さな島旅 > 下甑島の夜が更ける|こしきの塩|磯口旅館