しあわせの条件

島に生きるひと

2010年12月20日

どんなに島が経済的に潤ったとしても、この地域に住むひとびとが自分本来の姿で生きていなければ、島の心が永遠に満たされることはないと思う。昔に比べてここの暮らしは豊かになったというけれど、あれから本当に幸せな日々を送ってきたのか。島の現状をみていて、僕はまだ分からないでいる。

ジッタクイ
島にはジッタクイがあった。ジッタクイとは、方言で、雨の日になるとぬかるんでしまう道や水溜まりのこと。今のこどもたちは、ジッタクイの方言の意味を知らないという島のおじさんがいた。親が方言を話さないからだ、と。理由は、それだけじゃない。島の道は舗装されて、ジッタクイそのものがなくなったからだとも思う。産業構造の四割近いひとたちが土建業に関わるひとたちが占めている甑島。もしかすると、島はそんな経済の奴隷になっているんじゃないかって思うと、とても哀しくなった。

また、地域の文化は、地域産業・経済とも繋がっているんだと実感した小さな出来事でもあった。僕らに残されてきたもの、残されなかったもの。それらを感じ取り、この島のこどもたちに僕らが今度は何を残すか、なにをつくるのか。変革の時は、近づいている。

それは、冬のど真ん中にいるときにも、静かに春の気配が近づいているように。甑島の夜明けが、もうそこまでやってきている。島に生きる幸せの条件を満たすためには、なにが必要なのか、もう一度考えてみたい。この島に誇りを抱き、夢をみて帰ってくるのだろうか。僕らは、帰ってきたときに、受け入れる準備はしているだろうか。

観光や、新産業、ここに生きていく島のひとたちがしあわせに生きるための活動でなきゃ、どんな仕事も、どんな政策も、プロジェクトも意味がない。大学の教授や、地域興しで有名な方の講演や、指導、ワークショップなど、いろいろあるけど、本当は、自分たちがその主役であることに気が付けなければ何度やっても意味がないと僕は思ってる。

島に幸せに生きる条件って、地域社会と向き合いながら、
自分を幸せにしていく条件のことかもしれないと思った。

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 島に生きるひと > しあわせの条件