甑島へのアクセス

お知らせ

2015年05月20日

DSC_0083

甑島へのアクセスご案内

最近は、観光案内所並みに問い合わせが増えて来た山下商店です(苦笑)私たちは、上甑島・里町に本店を構える「とうふとみやげの山下商店」。そこで、島に暮らす私たちが、とっておきの?甑島へのアクセス方法をお伝えしましょう。

◎新幹線ご利用のお客様は、
各方面より「JR 川内駅」(Sendai)を目指してください。鹿児島中央駅から新幹線で約15分。博多駅からは1時間10分程度で到着してしまいます。川内駅に到着しましたら、改札をでて1階きやんせふるさと館でしばしのお買い物?おすすめは、名物「ちんこだんご・・・」強烈なネーミングで・・・詳しくはいえません・・・あとの想像はあなたにお任せします。

川内駅の目的は、例のだんごを買ってもらうためではなく・・・駅前のバスに乗り換えてもらうため。ちゃーんと「串木野新港行き(フェリーニューこしき)」のバスと「川内港ターミナル(高速船甑島)」行きの電気バスがでています。ただし、どちらも本数が少ないので出発時刻等はコチラでご確認ください。(2015年5月1日現在)
bus_n_sendai
bus_n_kushikino

◎航空機をご利用の方は、
各方面より「鹿児島空港」を目指してください。空港からは高速リムジンバスがでています。空港についたら温泉王国かごしまならではの「足湯」もおすすめです。空港から川内駅行きのバスで約1時間10分。ゆっくりと車窓の風景をお過ごしください。

e16dda981f5eaa60037dde9be6b44d9b
鹿児島市内からお越しの皆様 は、3つのルートがあります。

◎天文館・鹿児島中央駅発の路線バス(南国交通)
ただし、夕方の串木野新港発のフェリーニュこしきのみの連絡となっていますので、早く早く甑島に行きたくてしかたないひとは要注意です。詳しくはコチラ。

http://www.koshikisho.co.jp/pdf/bus_jikoku.pdf

◎JRを利用しての方は、
各駅からフェリー利用者は、串木野駅。高速船利用者は、川内駅を目指してください。串木野駅からは串木野新港までタクシーで移動できます。タクシーがいないときは、電話して呼びましょう。そして、このときの間違い電話には要注意ですよ!!!(特に甑島出身の方!)詳しくは、この日の日記へGO!(はいこちら、第一タクシー・・・)

串木野新港までは、ぎりぎりワンメーターからツーメーターの距離に有ります。料金があがるか、据え置きか。メーターをじっと眺めながら信号の変わるタイミングや交通状況を祈ってください。10分以内で港に到着です。

◎自家用車でお越しの方は、
国道3号線を北上、いちき串木野市をひたすら目指します。途中、よりみちしておいしいものが食べられるお店があります。わたしたちのおすすめは、いちき串木野市にあります「サクラカネヨ直売所」というお醤油とお味噌の蔵がつくる醤油ソフトクリーム。これ、絶品です。一度食べてみる価値あり。どうか、たべすぎて船に乗り遅れないこと祈ります。もしも、乗り遅れてしまった場合は、マグロラーメンの名店「みその」に寄って感傷に浸っていただくと、スープが余計にしみるかと思います。(なんだ、甑島行きのフェリーに乗り遅れてもそれはそれで面白いじゃないか・・・いや、ダメです。ちゃんと甑島へ向かいましょう。)

さぁ、みなさん、串木野新港に到着しましたね?

あれっ・・・?
誰かひとり足りない・・・?

まちがって「串木野港」へ行かた方は、こうなります(私が知ってるだけでも、年に3組ぐらいいます。)
フェリーニューこしきが出ているのは「串木野新港」です。
串木野港からでている船は・・・マグロの遠洋漁業です。

間違っても乗らないように!!!

甑島商船の運行ダイヤはコチラ。 http://www.koshikisho.co.jp/
◎自家用車で川内港ターミナル(高速船甑島)ご利用のお客様は、

国道3号線を北上して、薩摩川内市街地を抜けて走ること約15分。本当につくのだろうか?この道は間違っているのじゃないだろうか・・・と、心配になったあたりで左折の看板がでます(笑)案内にしたがっていくと、ほらもう甑島への入り口です。

当たり前ですが、当日船が出ていなかったり、船の時間を確認していなかったのでは島には渡れません。運航状況や運行ダイヤを確認してから、何時に家をでるか、何時の飛行機、バス、JR、航空機にのるか旅のプランを考えた方が良さそうですので、みなさま逆算よろしくお願いします。

あ、そうです。

私たちの山下商店は上甑島の里町(里港より徒歩10分)にあります。

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > お知らせ > 甑島へのアクセス