甑島を巡る1泊2日の旅

おいしい風景

2017年06月15日

甑島長目の浜及び潟湖群の植物群落

 朗 報 |甑島列島が3月16日、国定公園に指定されました。

おーーーーー!!!凄いぞーーー!
指定の対象は、周辺海域を含む約3万ヘクタール(まったく想像がつかない広さ・・・)で、このうち陸地の86ヘクタールが動植物の採取などが厳しく規制される特別保護地区に指定されます。国定公園の指定は、全国で57か所目で鹿児島県内では奄美群島や日南海岸に続いて3か所目になるそうです。

今日は、そんな甑島国定公園の指定を記念して、island companyおすすめの旅をご紹介いたします。

satsumasendai.gr.jp

高速船 甑島

[写真]satsumasendai.gr.jp より

九州新幹線でおなじみのデザイナー水戸岡鋭治さんがデザインした、話題の高速船こしきしま で約50分。東シナ海に浮かぶ上甑島へどうぞ。船の発着する川内港ターミナルまでは、川内駅前から電気バスが運行しております。
ダイヤ
※運航ダイヤは、変更になる可能性がありますので、詳しくは甑島商船までお問い合わせください。

さて、目指すは上甑島の玄関港・里港です。(寝過ごすなよー!!!)
出発港も船によって、川内港と串木野新港とありますので、お間違いなく。

**************************************

【今、絶対にみるべき甑島国定公園3つのポイント】

甑島長目の浜及び潟湖群の植物群落

1、長目の浜及び潟湖群の植物群落

こしきしまながめのはまおよびせきこぐんのしょくぶつぐんらく

名称が、ながーーーーーーーーーーーーいですね( 甑島では、長目の浜でOK )
なんといっても、甑島一の景勝地といっても過言ではないこの、こしきしまながめのはまおよびせきこぐんのしょくぶつぐんらく・・・やっぱり長いですね・・・(苦笑)長目の浜は、約4kmあるんですね。長いんですよ、こちらも。そして、世界で3カ所しか発見されていないというバクテリア「クロマチウム」が生息しているとかで、凄いんですよ。ちなみに、貝池となまこ池のあいだの小道からビーチにも降りることが出来ます(ここは、ビーチはビーチでも、珍しいロックビーチ)。

鹿島断崖

[写真]https://canpak.jp/events/197/ より

2、鹿島断崖

下甑島の西側、高さ約200mの鹿島断崖には、御物瀬[ごもつせ]・人形瀬・鶴穴などさまざまな名前が付いた奇岩や大岩が点在しており、なんと約8,000万年前の地層がむき出しなんです。ってよく考えると、す、すごいよね。最近では、ケラトプス類の恐竜の化石がでたとかで・・・甑島と中国大陸が繋がっていたことが証明されています。また、このあたりは、ウミネコの繁殖南限地として有名でもあるのですニャー。春になると、そこら中でウミネコが、ニャーニャー言ってます(笑)ちなみに、この鹿島断崖や下甑島の西海岸をクルージングできる「観光遊覧船かのこ」が、上甑島の<中 甑 港>から出港しています。

観光遊覧船かのこ号

観光遊覧船 かのこ

※尚、乗船には事前予約が必要です。

電話予約は、コチラ TEL 09969-2-0001(薩摩川内市産業建設課)

海が荒れているときは、運行を見合わせることや運行コースが変更になる場合もありますので、要チェック。
事前の情報チェックは欠かせませんね。

[運航]10:10発 13:30発 2便/日
[料金]2,500円

甑大明神岩

甑大明神岩

3、甑大明神岩

実はいくつもある甑島の地名の由来の説のひとつが、この甑大明神岩にまつわるもの。甑大明神には、社殿はなく巨岩そのものを神として拝しており、祭儀も甑岩の近くにある平岩の上で行われていたそう。

古くは「五色島(ごしきじま)」と呼ばれていたそうですが、江戸時代の三国名勝図会(さんごくめいしょうずえ)には、「上甑に東西へ潮の通ふ海門あり,串瀬戸(くしのせど)といふ。そのうちに、甑形(米を蒸すせいろの形)の巨岩あり、島民これを甑島大明神(こしきじまだいみょうじん)と称す。甑島の名はこれによりて得たりとぞ。」と記されています。

**************************************


【やっぱり食べたい!甑島のおいしいランチはここで決まり!】

やっぱり、甑島と言えば・・・きびなごが一番です!!!甑島には、全国でも有数の豊かな きびなご漁場があります。農林水産大臣杯でも、甑島漁協の海洋資源保護の取り組みが天皇賞を受賞し、まさに名実共に日本一のきびなごとなりました。そんな特別なきびなごを甑島では食べることが出来ます( 鹿児島県民さえも、こしきのきびなごは格別と言って下さっております。あ〜、ありがたや〜 )



お刺身を食べるなら、事前予約は必須!(写真はイメージ/島民の家庭ではこんな感じで贅沢に食べます)

寿司膳かのこ|マグロランチ

寿司膳かのこ

寿司膳かのこ

薩摩川内市上甑町中甑786-5番地 TEL 09969-2-0023

http://tabelog.com/kagoshima/A4602/A460201/46007824/

**************************************

【スペシャル断崖バーガー 】
海が見えるカフェテラス|コシキテラス

op_koshikiterrace
薩摩川内市上甑町中甑383-3番地 TEL09969-2-0525


こしきの漁師家 海聖丸
薩摩川内市里町里3606-1番地  TEL 09969-3-2522

**************************************

【 甑島を五感で感じる、絶対おすすめ3つの体験プログラム 】

 1、貝殻とビーチグラスのジェルキャンドル作り 

image



Gallery Hiramine(ギャラリーヒラミネ)
料金 大人 1,800円 2名〜8名まで
薩摩川内市里町里3251番地 里港より徒歩10分
TEL  09969-3-2346

 2、夜 空 を 巡 る ナ イ ト ツ ア ー 

月夜もまた良い-月光浴をお楽しみください

夏場は水平線に漁火がならびます

こしきツアーズ
代表 齊藤智顕 SAITO Tomoaki
料金 大人 3,000円(保険代込)2名〜8名まで
TEL  09969-3-2346  E-Mail  t.saito@koshikitours.com

 3、玉 石 垣 の 集 落 ガ イ ド   しまなび 

IMG_2221

IMG_2254

甑島の風景

island company
料金 大人2,000円 子供1,500円 2名様〜
※ 1drink 付
Aコース
出発 上甑島観光案内所
到着 ギャラリーヒラミネ
Bコース
出発 上甑島観光案内所
到着 山下商店甑島本店
10:00発もしくは、14:00発

TEL  09969-3-2212

しまなびのお申し込み http://island-ecs.jp/shimanavi/

**************************************

ひととものと場をつなぐこれからの宿
宿泊【 
island Hostel  藤や 】

私たちisland companyが運営する民宿「island Hostel 藤や」。
基本は、素泊まりのスタイルとしており、その他はすべてオプションという ちょっと変わった平家の一戸建て。
1日4組限定の小さな宿。貸切もできます。

 

【 宿のおすすめは、豆富と地魚の朝ごはん】 

とうふと地魚の朝ごはん

island companyは、上甑島の武家屋敷付近にて小さなとうふ屋「山下商店」を運営しております。

<過去記事:誰かの朝を迎えるために

そのとうふ屋さんで、am3:00過ぎから製造する、手作りのとうふと地魚の朝ごはん(+1,500円)は、island Hostel 藤や にお泊まり頂いたお客様限定の朝食サービスとなっております。

宿のWEB予約はこちらへ   http://island-ecs.jp/fujiya/

*****************************************

【  島を離れる前に買っておきたい、おすすめのおみやげ  】

1、とうふ屋さんの大豆バター

商品開発や企画のスタートアップ支援、デザインコンサルティングならびにブランディング

2、島アロエソルト

salt-01

3、玉ねぎドレスソース
ドレスソースPOP

季節商品や、商品数が限られているものが多くあります。売り切れ御免です!

*****************************************

2014 山下商店 集合写真

[ 山下商店  甑島本店 ]

薩摩川内市里町里54番地(里港より徒歩10分)
TEL& FAX 09969-3-2212 info@island-ecs.jp

**************************************

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > おいしい風景 > 甑島を巡る1泊2日の旅