島の波珈琲|おいしいコーヒーを淹れたいと願う甑島の小さな豆腐店(笑)

おいしい風景

2015年05月15日

甑島のカフェ

さてさて、いよいよおかしなことになってきましたね。

コーヒーが美味しい豆腐店でしょうか・・・それとも、とうふが美味しいカフェでしょうか・・・一体この店の店主は何を考えているのでしょうか。とうふ屋しながらコーヒー店だなんて欲張りすぎでしょ。

一度、店主の顔が見てみたい、
どうも、店主のヤマシタです(笑)

店主ジキジキのハンドドリップ製法。
※ときどき、違います。

豆は一流、バリスタは、三流。

という、この疑惑の黒いコーヒー・・・

結構美味しいんですよ。

結構、おいしいんですよ(大事なことは2回言います。)

しかも、テイクアウトできるというから
これからの季節は最高ですね。

カフェ 甑島の海辺で

遠くの無人島と入道雲を眺めながら、ビールとコーヒー片手に海辺を散歩してみましょうかね。麦わら帽子とサンダル(島の方言で:ジョイ)スタイルがおすすめです。山下商店から一番近い海辺(東の浜)まで徒歩1分。

これ、すんごい 贅沢じゃありませんか?

ところで今、
日本ではサードウェーブコーヒーというコーヒーカルチャーが広がりをみせています。

|サードウェーブコーヒー とは|

その名の通り、第3波。
第1波のコーヒーブームは19世紀後半。コーヒーの大量生産が可能となり、家庭などに広く普及した時期。第2波は1970年前後で、シアトルコーヒーなどと称される、深煎りの豆を細挽きしてエスプレッソマシンで抽出したコーヒーにたっぷりのミルクを添えた頃。第3の波は、90年代後半になって、高品質なコーヒーを求める消費者に応えたハンドドリップスタイル。

そう、時流はサードウェーブコーヒー。

しかし、そんな流行に私は、こういいたい。

「甑島から、カメハメ波 以外の波を!」と。

そう、それが私たちの推奨する第4の波。

それが・・・

「島の波珈琲」

10454317_900412080025554_600754963923013095_n

島の波珈琲とは、

高品質なコーヒーはもちろんのこと、

甑島の風景を楽しむ為のアウトドアコーヒー

のことです。

ゆったりとできるカフェが少ない甑島ですが、景色は抜群!!!

それなら、いっそのこと、アウトドアコーヒーを楽しんじゃいましょう。そんな想いで、店主自ら1杯1杯、丁寧にハンドドリップしています。

どうぞお気軽に御立ち寄りください。
店内で、お召しあがりいただくことも可能です。

麻婆豆腐 山下商店
その他、「とうふ屋さんの麻婆豆腐」もあるらしいです。(テイクアウト可)

濃厚なとうふを使用しています。

うまそうだなぁ・・・

***********************

山下商店 甑島本店
〒896-1101 鹿児島県薩摩川内市里町里53
上甑島・里港より徒歩10分 車で1分

ご予約は TEL 09969-3-2212

 

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > おいしい風景 > 島の波珈琲|おいしいコーヒーを淹れたいと願う甑島の小さな豆腐店(笑)