しまなびに挑戦!平良のまちあるき編

小さな島旅

2013年09月21日

ハイビスカス

はじめまして。

薩摩川内市地域おこし協力隊(通称:ぽっちゃん計画プロジェクト)の船井と申します。今年の7月に東京から上甑島の里集落に引っ越してきました。島民のみなさんと交流を深めながら、特産品の開発や観光ツアーの商品化に取り組み、甑島の良さを発信・アピールできるよう頑張りたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

現在、島に引っ越してきて2ヶ月半。島の勉強真っ最中!

上甑島には8つの集落、中甑島には1つの集落があり、その集落ごとで風景・方言・伝統・風習などが異り、歴史が非常に奥深くそして興味深い。こうした集落の日常を垣間見れるようなまちあるきツアーがあればおもしろいし、各集落に観光客が入ることによって地域ごとの活性化も期待できるのではと考え、島民の方にご協力やアドバイスいただきながら(ありがとうございます!)形になるよう進めているところです。

そこで、先日は中甑島にある平良集落のまちあるきをしました。
モニターになってくださったのは20代~40代の男女12名(内、島民2名)。
島外からいらした方にとっては初の平良集落。

現役バリバリな五右衛門風呂を横目に、大漁を願う恵比寿神社をお参りしたり
メインストリート2

港に整列する漁船を眺めたり
平良漁港

南九州限定販売のヨーグルッペを飲んだり
ヨーグルッペ

約1時間強、私のつたないガイドでしたが、ゆっくりのんびりなまちあるきを通して、平良集落の日常を感じるツアーを楽しんでもらえたようで、ステキな笑顔をいただきました!ヨカッタ!
榎の木

まちあるきをツアー化させる次のステップとして、『観光客が来ることによって集落がどのように活性化するか』この具体的な仕組みを考えていき、将来は島のすべての集落でこのようなツアーを企画することにより、島の活性化に少しでもお役に立ちたいと思っています!

そのためには、まず島の勉強。今日も頑張ります!!!

フナイアヤコ

フナイアヤコ

1977年大阪市生まれ。薩摩川内市の地域おこし協力隊(通称=ぽっちゃん計画プロジェクト)の一員として、2013年の7月にフェレットのポンコと上甑島に移住。妄想が得意。各種土産ものの開発、まちあるきツアーの企画などを通じて「島の幸せな日常」を発信!

最近の記事

HOME > 小さな島旅 > しまなびに挑戦!平良のまちあるき編