コロナ対策への取り組み

小さな島旅

2020年08月01日

プレゼンテーション3

私たちのコロナ対策への取り組み

私たちは、小さな島の日常をこれからも守っていく上で、島宿 FUJIYA HOSTELでは、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に積極的に取り組み、ここに暮らしている島民の皆様や観光・ビジネスで訪れてくださるお客様。誰にとっても安心して甑島での滞在ができる環境やサービスを提供するために ※「3密回避」と「衛生管理」を中心に、各施設において従来のサービスを進化させていきます。

※3密とは(厚生労働省HPより)
①換気が悪い密閉空間
②人が集まって過ごすような密集場所
③不特定多数の人が接触するおそれが高い密接場面

3密回避と衛生管理への取り組み

FUJIYA HOSTEL

飛沫防止のアクリルパーテーション設置

フロントには、飛沫防止のアクリルパーテーションを設置し、飛沫感染を心配を軽減させます。

非接触型アルコール噴霧器の設置

エントランスに、非接触型のアルコール噴霧器を設置します。

非接触型の検温実施

全てのお客様を対象に、非接触型の検温を実施します。37.5度以上の発熱が認められた場合は、保健所の指示に従い、ご宿泊をご遠慮いただく場合があります。


正面でのチェックイン・チェックアウト回避

ゲストとスタッフがなるべく正面での接触を避けるため、また、ゲスト同士の三密を回避するため、フロントではなく共有スペースでのチェックインを行います。現金やカードの受け渡しについても、なるべくトレーを使用し接触機会を最小限に抑えます。

シャワールームについて

シャワールームは24時間換気を実施します。また、バスマットも多分に用意し衛生管理を徹底します。



客室の除菌清掃

客室は、通常の清掃に加えてアルコールでの除菌作業を実施し清潔に保ちます。また、全客室にアルコール消毒ジェルを設置致します。

食事場所の混雑を防止します

食事スペースでは、テーブル席を2m程度の間隔確保に努め、なるべく対面で向き合わないよう心がけ、自然換気を実施することで3密を回避します。

スタッフのマスク着用

安心してご宿泊いただけるよう、スタッフはマスク・フェイスガード、マウスガードなどの着用を行います。また、お客様におかれましても3密が発生しやすい場面や、島民の皆様との触れ合いがある場面ではマスクの着用などご配慮いただけましたら幸いです。



ハンドペーパーの設置

洗面所には、お手拭き用のタオルではなくハンドペーパーを設置します。

食器類の除菌洗浄

食器類(お皿やグラス・お箸)などの除菌洗浄を徹底し、安心してご利用できる食事の環境づくりに取り組みます。

屋外でのアクティビティ

3密を回避し、甑島の自然環境を体感できる場所でのアクティビティをお楽しみいただけるよう努めます。

健康と衛生面の管理

体調不良のスタッフがお客様と接触することがないよう、出勤時には検温を行います。また、業務に当たる前の手指消毒・うがいなどを徹底して行います。お客様におかれましても、出発前に検温などを行い、体調不良があった場合は、ご旅行の延期をご検討いただけましたら幸いです。

※尚、その際の宿泊キャンセル料はいただきませんので、安心してご連絡ください。
まだまだ、先の見えない感染状況ではありますが、アフターコロナ(withコロナ時代)に対応していけるよう、スタッフ一同安心して皆様に滞在していただける環境づくり、また、島民にとっても心地の良い衛生環境の実施に努めてまいります。

 

banner_fujiya2
FUJIYA HOSTEL
小さな島の日常に渡す宿 FUJIYA HOSTEL

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 小さな島旅 > コロナ対策への取り組み