ハチドリ

小さな島旅

2010年06月29日

南アメリカ、キチュア民族に伝わるハチドリ。

アマゾンの森が山火事で燃えているとき、その他の生き物たちは我先にと逃げだしたが、ハチドリだけは、自分のくちばしでわずかな水の滴を運んでいるのだ。誰もが「そんなことをして何になるんだ」と笑った。

ハチドリは言った「私は、私のできることをしているだけ」と。

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 小さな島旅 > ハチドリ