情報の消費者

小さな島旅

2011年05月05日

地方に住む人のほとんどが情報の消費者であって発信者ではない。
地元で始まったことはパリやNYや東京から発信されるものよりも劣っているという前提の上で地方のすべての意識は始まる。日本の地方は独自の文化とプライドを失ったが、世界でもっとも裕福なレベルに近い生活を過ごしている。しかしそれはプライドを失った代わりに飢えること無く死ぬまで消費する権利を与えられたに過ぎない。

自分たちの住む町で始まった文化が日本で世界で評価されることで日本の地方はプライドを取り戻す。そのためには何が起ころうと何を言われようとプライドを捨てずに続けることが大切だ。そういった誇りを持って働ける人物が何人いるかでその町や国の価値が決まる気がしてならない。

ロックンロール・ストリート・スライサーズ
メインヴォーカル デーモン秀島(10万38歳

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 小さな島旅 > 情報の消費者