紅はるかじんじゃコンフィチュール

島を届ける

2014年02月15日

beni mono m

【新商品紹介】

ISLAND JAM.“紅はるかじんじゃコンフィチュール | 甑島×種子島”

甑島産の薩摩芋「紅はるか」と、種子島産の生姜をかけ合わせた、島と島を巡るコンフィチュールができました。

073web
海に囲まれた甑島ではミネラルたっぷりで塩分を含んだ糖度の高い紅はるかが育ちます。そして、ひとつひとつ丁寧に収穫された芋をペースト状に加工し糖度30度を超える薩摩芋のみを使用しています。
コンフィチュールのオーガニックな香りと味わいは、「種子島なかわり生姜山農園」の辛味成分の強いひね生姜を使用することで引き立たせています。

1781335_594551087288627_832439992_niroweb

「種子島なかわり生姜山農園」|写真提供:Ten-Lab

 

パンに塗るだけでなく、ホットミルクのジンジャーティーとしての楽しみ方もあります。また、ヨーグルトやカレーに混ぜるなど料理の隠し味にもオススメです。
南国鹿児島の、島々の素材がバランスよくミックスされた逸品です。

eguruto web

 

 

シンチケンロウ

シンチケンロウ

1983年鹿児島市生まれ。お絵描きが生きがい。音楽がなると反射的にリズムを刻む習性あり。甑島内外の地域商品の企画やパッケージデザインに携わってきた経験を生かし、東シナ海の小さな島ブランド株式会社のデザイナーとして活躍中。

最近の記事

HOME > 島を届ける > 紅はるかじんじゃコンフィチュール