2011.5.27

島に生きるひと

2011年05月27日

走れるとこまで走ったら、向こうから必ず誰か来てくれる。

心強い言葉だな、としみじみ。

考えてみればこれまで、ずーっとそうだったかもしれないと思う。

15歳で島を離れて、東京で挫折して帰ってきたときも

「けんたくん、船に乗らない?」って手を差し伸べてくれた先輩。

まさに、渡りに船!的な、リアルな漁船だったけど(笑)

いまでも感謝してる15歳の漁師生活。

お金がなくて困っていた学生時代、

おい、ヤマシタ弁当買ってこい!釣りは要らん。っていう先生がいた。

350円の弁当にいつも1000円を渡してくれた。

けんたを絶対表彰台に上げたるから!そういって

連日連夜、ともに笑い、ともにぶつかりあった仲間たち。

本当にグランプリを掴んだ日の夜、僕は泣いた。

ヤマシタの作品はいつもあったかいな。

あの言葉がなければ、

いまの僕の人生はなかったかもしれない。

それはとても小さなことかもしれない、

気がつかないようなことかもしれない。

それでも、あり溢れた毎日の小さな出来事は

僕の人生をすこしずつ変化させてきたことは

まぎれもない事実だと思う。

すべての出来事は思い出せない。でも、心のどこかで覚えてる。

すべてのひとのぬくもりを。

どんなときも、大丈夫だよ。

そう言えるひとりの大人でいたいと思います。

それは僕が、助けられ、支えられ、叱られ、心から愛されてきたように。

どんなときも。

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 島に生きるひと > 2011.5.27