幸せであるために

島に生きるひと

2011年09月11日

“おまえには無理だよ” という人の言うことを聞いてはいけない。

もし自分で何か成し遂げたかったら、

できなかったときに他人のせいにしないで

自分のせいにしなさい。

多くの人が、ぼくにも「おまえには無理だよ」と言った。

なぜなら、彼らは成功できなかったから。

途中であきらめてしまったから、

だから、僕にもその夢をあきらめてほしいんだ。

不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。

決してあきらめては駄目だ。

自分の周りをエネルギーに溢れ、

しっかりとした考え方を持っている人で固めなさい。

自分の周りを野心で溢れ、プラス思考の人で固めなさい。

近くに憧れる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。

君の人生を考えることができるのは君だけだ。

君の夢が何であれ、それに向かっていくんだ。

君は幸せになるために生まれてきたんだから。

マジック・ジョンソン

>不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。

夢を叶えた者だけが切り取られ、

華やかに取り上げられてしまう世の中だけれど

決して夢を達成できなかった人を「不幸」というのではないと思う。

不幸な人というのは、夢を叶えられなかった人のことではなく

挑戦する心を持った人々を応援できないことだと知る。

今、僕はたくさんの人たちに支えられ、見守られ、応援されている。

本当に心から感謝している。

いつか僕が年をとったとき、

自分が今こうして多くの人々に支えられているように、

次の時代へ挑戦する彼らを心から応援したいと思う。

僕は一度も不幸になったことがない。

それは不幸とは「なる」ものではないと感じてきたからだ。

たくさんの人たちが愛してくれたから、

どんな状況にあっても、それを不幸だと感じたことはない。

幸せになるためではなく、幸せであるために。

それが、大事だ。

ヤマシタケンタ

ヤマシタケンタ

1985年鹿児島県上甑島生まれ。JRA日本中央競馬会競馬学校を中退したのち、キビナゴ漁船の乗組員を経て京都造形芸術大学環境デザイン学科地域デザインコース専攻。故郷をもっと好きになりたくて島に帰る。東シナ海の小さな島ブランド株式会社の代表取締役兼百姓を務める。

最近の記事

HOME > 島に生きるひと > 幸せであるために